オープン型と独自型

ショップサイトコンテンツマネジメントシステムには、大きく分けて2つあります。ホームページの管理を簡単にしてくれるシステムですから、最善の選択をして導入したいものです。独自のコンテンツマネジメントシステムは、独自開発によってホームページを使いやすく効果的にしています。美容室やレストラン、ショップサイトなど、ターゲットを絞っていることが多く、必要な機能が便利に組み込まれているのが特徴です。管理画面も操作しやすいのがメリットですが、一報では月額費用がかかったり、機能を追加しにくいといったデメリットも見られたりします。

オープンソース型のコンテンツマネジメントシステムでは、無料で利用できるものが多数です。プラグインやモジュールなどの追加プログラムをインストールすれば、必要な機能をプラスして構築していけます。ただし、自由度が高いのが特徴だけに、専門的な知識をもって構築する必要もあります。専門業者に依頼する場合には、その際の費用がかかり、どのように構築してもらったかを認識しておくことが大切です。世界中で人気のコンテンツマネジメントシステムがあるなど、オープンソース型には一般に広く使われている種類も少なくありません。

コンテンツマネジメントシステムでは、セキュリティ性に気を配る必要があります。大手企業や行政サイトなども改ざんの危機に遭っているように、中小企業や個人のサイトはさらに高いリスクを秘めています。高いセキュリティ性能を持ったコンテンツマネジメントシステムは、安心して使用できるでしょう。


◆関連リンク◆
コンテンツマネジメントシステム
└セキュリティ対策がしっかりされているCMSのサイトです

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×