コンテンツマネジメントシステムの選び方

コンテンツマネジメントシステムは、操作が便利でビジネスの活性化に効果的です。さまざまなコンテンツマネジメントシステムの中から最適なものを選ぶには、いくつかのポイントに目を向ける必要があります。例えば、セキュリティ対策もその一つです。ここでは、コンテンツマネジメントシステムを上手に選ぶポイントについてまとめてみました。

コンテンツマネジメントシステムコンテンツマネジメントシステムには、オープンソース型と独自型の2種類があります。独自型は企業などで独自に開発したタイプで、ターゲットが絞られていて、無駄のない設計が特徴です。ただし、機能を追加しにくかったり、月額料金がかかるなどが問題にある場合もあったりします。オープンソース型では、自由度が高い一方で悪意のある侵入者に改ざんなどの被害に遭いやすいというデメリットがあります。だからこそ、セキュリティ対策は不可欠なのです。

不正アクセスや改ざんなどの被害に遭うと、サイトの運営に影響がおよぶだけでなく、顧客に迷惑をかけてしまう心配も出てきます。そればかりか、検索サイトの信頼を失って、検索結果が表示されなくなってしまうことすらあります。簡単におこなえるセキュリティ対策としては、更新情報を得るたびにアップデートをこまめにおこなう方法があります。セキュリティ対策の追加プログラムによって、改ざんなどの可能性が疑われるときにメールで通知してくれるようなサービスも検討してみるとよいでしょう。改ざんされてしまったときに備えて、バックアップデータをこまめにとっておくことも大切です

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×